司法書士では駄目?

過払い金請求は弁護士以外に司法書士に対してお願いすることも可能です。ただし、弁護士と司法書士とでは、できることが異なります。司法書士のほうが過払い金請求の問題が片付くまでのトータルの費用負担が軽くなることはありますが、弁護士とできることの違いを知らないまま安さだけで依頼を決めてしまうと、あとあと大変な思いをすることにもなりかねません。

弁護士まず、司法書士は請求する金額が1件あたり140万円をオーバーする場合、取り扱うことができません。これに対し、弁護士は金額は無関係で取り扱うことが可能です。司法書士に相談に行って過払い金の額を調べた結果140万円超で弁護士に依頼するという二度手間になるよりは、最初から弁護士の無料相談サービスを利用し、金額を調べてもらって正式に依頼するほうが効率的といえるでしょう。

ほかには、司法書士は地方裁判所の代理人になることが認められていません。裁判の対応は自分でしなければいけません。なお、準備やアドバイスはしてくれます。一方、弁護士は依頼人の代理人となり、裁判の対応をすることができます。裁判について依頼人がすることは少なく、過払い金請求のために自分が割く時間や手間、心身の負担は大幅に少なくなることでしょう。

誤解されていること

弁護士の無料相談サービスがあることは知っていても、利用するのを躊躇してしまう人の中には、いわゆるブラックリストに掲載されるのを避けたいことを理由としてあげる人がいます。この点に関してですが、債務整理をしたことや返済が滞ったことなど返済能力と関係のある情報は掲載されますが、過払い金請求そのものは返済能力とは関係がなく、ブラックリストに載ることは通常ありません

弁護士また、過払い金請求をすると、家族や会社にバレてしまうのではと思って弁護士への相談をできずにいる人もいます。もし、実際に過払い金請求をしたとしても、家族や会社に知られてしまうようなことがありません。郵送物などでバレるリスクはありますが、法律事務所では郵送物を個人名で送ってくれるなどの配慮をしてくれます。

そのほか、契約書などの書類がもう残っていないという理由で、過払い金請求を諦めている人もいます。しかし、貸した側に対して取引履歴の開示を求め、情報を得ることができ、その情報をもとに過払い金請求をすることができるため、諦める必要はありません。すべての取引履歴の情報を得ることができないケースもあり、契約書などはしっかり残っているに越したことはありませんが、捨ててしまうなどしてもう書類がないから過払い金請求は無理ということにはならないのです。

過払い金請求の時効

なるべく早く過払い金請求の無料相談サービスを利用したほうがいい理由として、過払い金に時効がある点をあげることができます。いったん時効が成立してしまうと、過払い金を取り戻すことが非常に困難になってしまいます。時効が完成する前に、弁護士の力を借りるのが賢明な判断といえるでしょう。

スケジュール時効が成立するのは、最後に借入または返済を行なった日を起点として10年です。2008年の5月1日に完済し、以降はその完済した業者とのあいだで借入または返済を行なっていなければ、2018年の5月1日に時効が成立することになります。なお、1件の業者とのあいだで借入と完済を繰り返している場合もあるでしょう。たとえば最初に完済したのが2007年5月1日、次に借入したのが2007年11月1日で完済したのが2008年5月1日のようなケースです。この場合は途中で取引のない期間が生じていますが、連続したひとつの取引として過払い金の返還を求めることができます。

なお、最後の借入または返済をした日から10年で時効と知り、自分はもう無理と決め付けてしまう人がいますが、実際には時効にかかっていないこともあります。このあたりのことを知るためにも、まずは弁護士の過払い金請求無料相談サービスを利用したほうがよいでしょう。

▼推奨LINK▼
弁護士無料相談サービス≪アディーレ法律事務所≫

弁護士に全てお任せ

困った顔借金をした経験がある人は、返済中の人だけでなく完済した人まで含め、過払い金が発生している可能性があります。中にはもしかすると自分は過払い金があって取り戻せるかもしれないと思っている人もいるでしょう。こういったことに該当する人は、弁護士の無料相談サービスを利用して、過払い金請求が可能かどうか把握しましょう

自分で請求する方法を模索する人もいますが、はっきりいってハードルが高いです。過払い金請求のためには利息の引き直し計算や貸金業者との交渉など、専門的な知識や経験が要求されます。過払い金請求を得意とする弁護士に依頼すれば、必要なことはほぼ全て依頼人の代わりにこなし、過払い金を取り戻してくれます。依頼人は仕事など、本来自分がすべきことに集中できます。

現在進行形で借金の返済をしている人にとっても、弁護士に過払い金請求の相談をすることにはうまみがあります。中には返済が難しくなり、複数社から督促が届いているような人もいるでしょう。弁護士に依頼することで、返済や取り立てを止めることが可能です。債務整理と一緒に過払い金請求を行なうこともできます。

弁護士の無料相談サービスの利用をきっかけに依頼を決め、十万円単位や百万円単位で過払い金を取り戻した事例が続出しています。相談だけでお金がかかるとなると利用に抵抗を感じる人もいるでしょうが、無料であれば気軽に相談できるでしょう。なお、このサイトではできるだけ早く相談に行ったほうがいい理由などについても取り上げていますので、興味のある人はチェックしてみてください。

Back to Top