誤解されていること

弁護士の無料相談サービスがあることは知っていても、利用するのを躊躇してしまう人の中には、いわゆるブラックリストに掲載されるのを避けたいことを理由としてあげる人がいます。この点に関してですが、債務整理をしたことや返済が滞ったことなど返済能力と関係のある情報は掲載されますが、過払い金請求そのものは返済能力とは関係がなく、ブラックリストに載ることは通常ありません

弁護士また、過払い金請求をすると、家族や会社にバレてしまうのではと思って弁護士への相談をできずにいる人もいます。もし、実際に過払い金請求をしたとしても、家族や会社に知られてしまうようなことがありません。郵送物などでバレるリスクはありますが、法律事務所では郵送物を個人名で送ってくれるなどの配慮をしてくれます。

そのほか、契約書などの書類がもう残っていないという理由で、過払い金請求を諦めている人もいます。しかし、貸した側に対して取引履歴の開示を求め、情報を得ることができ、その情報をもとに過払い金請求をすることができるため、諦める必要はありません。すべての取引履歴の情報を得ることができないケースもあり、契約書などはしっかり残っているに越したことはありませんが、捨ててしまうなどしてもう書類がないから過払い金請求は無理ということにはならないのです。


Back to Top