司法書士では駄目?

過払い金請求は弁護士以外に司法書士に対してお願いすることも可能です。ただし、弁護士と司法書士とでは、できることが異なります。司法書士のほうが過払い金請求の問題が片付くまでのトータルの費用負担が軽くなることはありますが、弁護士とできることの違いを知らないまま安さだけで依頼を決めてしまうと、あとあと大変な思いをすることにもなりかねません。

弁護士まず、司法書士は請求する金額が1件あたり140万円をオーバーする場合、取り扱うことができません。これに対し、弁護士は金額は無関係で取り扱うことが可能です。司法書士に相談に行って過払い金の額を調べた結果140万円超で弁護士に依頼するという二度手間になるよりは、最初から弁護士の無料相談サービスを利用し、金額を調べてもらって正式に依頼するほうが効率的といえるでしょう。

ほかには、司法書士は地方裁判所の代理人になることが認められていません。裁判の対応は自分でしなければいけません。なお、準備やアドバイスはしてくれます。一方、弁護士は依頼人の代理人となり、裁判の対応をすることができます。裁判について依頼人がすることは少なく、過払い金請求のために自分が割く時間や手間、心身の負担は大幅に少なくなることでしょう。


Back to Top